玉川流日本舞踊教室


   稽古場の様子  
  
地唄「鐘が岬」をお稽古の玉川
錦翠。この曲も中盤になります。
手毬の件に入って、”毬をつく”
動きが出てきます。今のボール
とは違います。
長唄「近江のお兼」をお稽古
の玉川錦麗。この曲も中盤にさ
しかかりました。テンポは早ま るので慌てず遅れないように。


長唄「松の緑」をお稽古の主
婦の方です。この曲もあがり
ました、踊り込みに入ります
順番を一つずつ確認して、正
確に。
長唄「島の千歳」を稽古のOL
さんです。鞨鼓を使って踊る見
せ場もあとわずか〜打つ、足を
踏む、手を伸ばす、などを憶え
られたら、力を抜いて。

長唄「賤の苧環」をお稽古の
大学生です。この曲も最後ま
で順番は行きました。長袴の
代わりに裾を付けて稽古。
端唄「京の四季」を稽古のOL
さんです。この曲も冬までい
き、踊り込に入っています。
四季の違いを意識して。