玉川流日本舞踊教室


   稽古場の様子  
  
地唄「鐘が岬」をお稽古の玉川
錦翠。この曲も中盤になります。
手毬の件を終えて、再び扇子を
拾って踊ります。子供らしさか
ら娘の風情が現れます。
長唄「近江のお兼」をお稽古
の玉川錦麗。この曲もあがり
ました。順番は入ったような
ので実際に「晒」を振っての
    稽古、大奮闘(?)です〜


長唄「吾妻八景」をお稽古の
主婦の方です。新しい曲に入
りました。この曲は当時の長
唄と違うと言われた曲、素敵
曲です。
長唄「島の千歳」を稽古のOL
さんです。大変だったこの曲も
あがりました!仕事が忙しくて
思うように稽古に来られない事
もありましたが最後迄来ました。

長唄「舞妓」をお稽古の
大学生です。ぽっくりにも慣れ
てきました、ぽっくりを脱いで
踊る箇所に入りました。
長唄「蓬莱」を稽古のOLさん
です。出端はすり足の稽古にな
ります、毎回集中して始まりま
す〜息は止めないように。

長唄「千代の松」をお稽古の
小学生です。ずいぶん背が伸
びて力も付き、お扇子の扱い
は大人と同じにしましょう。