玉川流日本舞踊教室


   稽古場の様子  
  
地唄「鐘が岬」をお稽古の玉川
錦翠。新しい曲に入りました。
ゆっくりとした中に、多くの事
が詰まっている曲です。身体を
慣らして。
長唄「近江のお兼」をお稽古
の玉川錦麗。この曲も中盤にさ
しかかりました。テンポは早ま るので慌てず遅れないように。


長唄「松の緑」をお稽古の主
婦の方です。この曲も終盤へ
来て少し手こずっています。
慌てずに”形”を意識して、
取組みましょう。
長唄「島の千歳」を稽古のOL
さんです。鞨鼓を使って踊る見
せ場です〜鞨鼓と打つ事も大切
ですが、打たない側の手の方の
形が大切です。

長唄「賤の苧環」をお稽古の
大学生です。この曲も後半に、
白拍子姿での舞の場面です。
衣装によっては長袴です。
端唄「京の四季」を稽古のOL
さんです。この曲も冬までい
き、踊り込に入っています。
四季の違いを意識して。